やんちゃな男の子も安心の丈夫なランドセル|子供の成長を応援し隊

プレゼント

無病息災を願う

羽子板

羽子板は、初めてのお正月を迎えるお子さんへのプレゼントに最適だといわれています。羽子板には、魔除けや厄祓いなどの意味があります。そのため、今年1年の幸福を祈ったり、赤ちゃんの成長を祈願したりといった願いが込められているのです。また、羽子板は羽根がついている黒い玉を突き合う楽しみ方があります。この黒い玉は「無患子(むくろじ)」といって、子供が病気しないことを願う意味が込められています。これらの理由から、羽子板は無病息災のお守りとして室町時代から子供に贈られているのです。また、羽根に付いている羽根が、蚊を食べるトンボに似ていることから縁起が良いともいわれています。蚊は、悪い病気を運んでくるといわれていたため、蚊を食べてくれるトンボは縁起が良い虫だとされていました。そのため、トンボが多く飛び回ることを祈願して、羽子板で羽根つきの黒い玉を突き合う風習が盛んになったのです。

近年、羽子板で遊ぶ子供たちの姿があまり見られなくなっています。しかし、初正月を迎えるお子さんに羽子板を贈る風習は衰えていません。さらに、外国人観光客が増えていることから、海外へのおみやげとしても羽子板は人気を集めています。最近ではさまざまな羽子板が販売されているので、飾り物としても適切です。華やかで和のイメージがもたらされた羽子板や、キャラクターもののオシャレな羽子板まで、さまざまなデザインのものが販売されています。羽子板は、女の子の初正月に贈る風習が強いこともあり、和装の女性がデザインされたものが多くあります。しかし、最近では歌舞伎のデザインが施された羽子板も多く販売されているため、性別を問わずお子さんに贈ることができます。飾り物としても最適なので、お正月以外に贈る人も増えています。